GRL×齋藤 飛鳥さん独占インタビュー VOL6-3

春に引き続き、西野七瀬さんと共に秋のGRLミューズとなってくれた、齋藤飛鳥さんに、10月5日に公開される初出演映画のことから、気になるおしゃれのこと、GRLユーザーとしてのコメントまでを全3回に渡ってインタビュー。最終回は、自身映画初出演にしてヒロイン役を演じた映画「あの頃、君を追いかけた」の舞台裏やファッションについて語っていただきました。

映画の雰囲気そのままのもうひとつの青春のような舞台裏

齋藤 飛鳥さん イメージ1

GRL(以下G):劇中には青春を過ごした事のある誰もが、心がキュンとした時間を思いだす、シーンがたくさんありました。
齋藤さん自体がキュンとする場面ありました?

齋藤 飛鳥さん(以下S):えー。どうだろう?(笑)
いわゆるキュンキュンするような場面ではないと思うんですが
浩介(山田裕貴演じる主人公)が、真愛(齋藤さん演じる主人公)をからかって二人で言い合うシーンがあるんですが。
今までそんなに距離が縮まっていなかったので二人はそんな言い合うことなどなかったのですが、初めてそこで対等な立場になって、ちょっとふざけながら言い合ってるのをみて、周りの子たちが、「この二人、こんなに仲良くなってたんだ」って驚いて見ているってシーンは、ちょっとキュンとしました。

G:キャストの方とか、どういった感じでした?

S:唯一の女の子だったほのかちゃんとは仲よくさせてもらっていました。二人ともサバサバした性格なので、楽屋でワイワイ騒いだり、私達を笑わせてきたりする男性キャストたちを、私たちは「ああ、またやってるね」って眺めているような感じでした(笑)。
男性キャストの方たちはみんな、そのまままるっと仲がよくて。
楽屋でもお芝居の時のまま、みたいな感じでした。

G:制服も、新鮮でした?

S:そうですね。乃木坂以外で学校の制服を着る機会はなかったので。
劇中できている制服は台湾版に似た感じのものを作っていただいて。
あまり、日本で見かけないようなデザインでおしゃれで可愛くて好きでしたね。

GRLの服は、プチプラなのに品質がいいから色々なおしゃれにチャレンジしやすい

齋藤 飛鳥さん イメージ2

G:普段、どんなファッションをなさってますか?

S:普段は、なんだろうな。モノトーンが好きなので、モノトーンのコーディネートはよくしていますね。

G:今日のGRLの撮影で、気に入ったものありましたか?

S:もともと秋冬の服が好きなので、今回の撮影も実は楽しみにしてて。
結構好きなの、たくさんありました。
ニットも可愛かったし。普段丈長めのスカートを履く事が多いんですけど、
撮影でも丈長めのスカートもいっぱいあったし。普段の好みに合うアイテムがたくさんありました。
あとチェックも気になっていたので、パーカとチェックスカートを合わせたコーディネート、好きでした。

G:ちょっとスポーティな要素がミックスされたコーディネートでしたよね。

S:そうですね。スポーティなスタイルが結構好きで。スニーカーを使ったコーディネートもたくさんあって可愛かったです。
あとキャップをかぶったコーディネートも好きでした。

G:今回2回目のGRLカタログ撮影ですが、前回のカタログはものすごい反響でした。齋藤さんご自身にもなにか反響ありましたか?

S:嬉しいですね。
私の方では、握手会の時に私がカタログで着ていたGRLの服をまるまるフルコーディネートで着てきてくださるファンの方が結構いらっしゃって。
「わあ、着てる」っていうと「そうなの」って見せてくださって。
それは、やっぱり嬉しいですね。

G:ファンの方も、それを齋藤さんが気づいてくれて嬉しいですよね。

S:そうだったらいいですね。やっぱりGRLの服は買いやすいって喜んでくれて。お揃いで結構買ってくださってる方が多いですね。

G:いつもGRLの服を着ていただいているんですが、GRLのどういったことが気に入っていただけてますか?

S:流行をいち早く反映しているので、私もGRLのサイトはよくチェックしているのですが、サイトを見るだけで、今の世の中の流れがわかるんです。
あと、ニットとかセーターとか生地がしっかりしているので、それがすごくいいな、と思っています。

G:ありがとうございます!値段はプチプラですが、クオリティは高い、というのがGRLの強みです!

S:そうですよね。本当にクオリティたかくて、全然プチプラに見えない。
形とかも全然安っぽくみえない。

G:今回も齋藤さんや西野さんが素敵に秋のGRLを着こなしてくださいました。
お手本にしたいと思っている人たちにむけてなにかアドバイスをいただければ。

S:私達が着たコーディネートをそのまんま着てくれたらもちろん嬉しいですし、それを見せにきてくれたらさらに嬉しいですけど、自分で色々組み合わせてコーディネートしていってもらえたらもっと嬉しいです。プチプラというのももちろんですが、GRLの服はクオリティがひとつひとつ本当に高いので、挑戦しやすいし、それをきっかけにまたファッションを好きになってもらえたら、嬉しいなと思います。

齋藤飛鳥さん直筆サインプレゼント!!

期間内にご応募頂いたGRL会員様の中から抽選で5名様に齋藤飛鳥さん直筆サインをお客様の名前入りでプレゼント致します。
(期間 : 2018/10/04~2018/10/25)

  • 当選された方にはGRLからご登録されているアドレスにメールでお知らせ致します。
  • ご応募は下記のリンクから空メールを送信して下さい。
  • ご応募いただいた会員様からの抽選になりますので、必ず会員メールアドレスから送信して下さい。
  • お一人様につき1回までのご応募でお願い致します。

>>ご応募はこちら<<

齋藤飛鳥

1998年8月10日生まれ。東京都出身。2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格。2012年、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」で選抜入りしデビュー。2015年、宝島社が出版する女性ファッション誌「CUTiE」初の専属モデルに抜擢。その後、休刊が発表されてからは、「sweet」のレギュラーモデルに就任。8頭身で様々な服を着こなし、男性のみならず、女性からも絶大な支持を得る。15thシングル「裸足でSummer」で、シングル表題曲のセンターに初めて選出。「いつかできるから今日できる」では西野七瀬とのWセンターを務めた。2016年、「少女のみる夢」でドラマ初主演。2018年に舞台「あさひなぐ」で主演を務め、さらなる活躍の場を広げる。その他の出演作に、舞台「じょしらく」(15)、「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」(16)などがある。本作で映画初出演を果たす。

映画「あの頃、君を追いかけた」

10月5日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー

  • 山田裕貴 齋藤飛鳥 / 松本穂香 佐久本宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介
  • 長谷川康夫
  • 飯田健三郎 / 谷間月栞
  • 九把刀「那些年、我們一起追的女孩」
  • 『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
  • キノフィルムズ
    http://anokoro-kimio.jp/